OPERATION

ターミナル上の ”司令塔” 物流センター内の ”主役”

当社の輸送の基盤を支える作業全般を担当し、実務者としてモノの流れを作り出しています。

事業所内のターミナル(荷捌き場)や物流センター内において、仕分け・保管・作業指示などを行います。

仕事の内容

当社の事業の柱である『特別積み合わせ輸送』『ロジスティクス』。それぞれの部門によって仕事内容が若干異なります。

「輸送部門担当(運送作業職)」

■仕分け作業

全国から輸送されてきた商品を配達エリアごとに仕分けたり、集貨エリアから集められてきた商品を発送方面別に仕分けたりします。

■商品管理

留め置きなど保管商品の管理や、引き取り・持ち込みに来られるお客様への対応を行います。
また、情報システムへの商品情報の入力などの作業もあります。

「ロジスティクス部門担当(ロジ作業職)」

■入出庫作業・在庫管理

各メーカーから送られてくる明細をもとに、入出庫作業や在庫管理を行います。

■データ管理

データの入力やピッキングラベルの出力を行います。お客様によっては、アイテム数が何千~何万点にも及びます。

■ピッキング・梱包

発注データを基に、配送先毎に商品のピッキングや箱詰めを行います。

仕事の流れ

輸送部門担当(運送作業職)の場合

≪午前≫

●引き取り対応

出社後、まず留め置き商品の伝票と商品現物を確認し、引き取りに来られたお客様にすぐお渡しできるように準備をしておきます。

●積み卸し・仕分け作業

商品の積卸補助や集配エリアごとへの仕分け、お客様の商品引き渡しに従事します。合間にターミナルの整理整頓を行い、午後からの集貨した商品の到着に備えます。

≪お昼休憩≫

事務所や社宅で昼食をとり、休憩します。

≪午後≫

●仕分け作業・引き取り対応

集配ドライバーが集貨してきた商品を発送方面ごとに仕分ける作業がメインとなります。商品を持ち込まれるお客様への対応も行います。

ロジスティクス部門担当(ロジ作業職)の場合

≪午前≫

●入庫作業

 出社。朝のミーティングにてその日の商品取扱量や連絡事項を確認し合います。その後、入庫作業に入ります。各メーカーから到着した商品の数量チェック、外装の打痕やキズがないかを慎重に確認します。

≪お昼休憩≫

事務所や社宅で昼食をとり、休憩します

≪午後≫

●ピッキング・出庫作業

入庫作業が終了後、発送先別に商品を仕分ける業務を行います。発注データに基づき、種類や数量を確認した上で配送先ごとに仕分けします。